本文へスキップ

医療事務の資格取得、求人募集の探し方について

医療事務の雇用形態にはどんな種類があるの?

医療のサービスが細やかなものになってきている以上、医療事務の医業におけるウエイトが大きく、雇用のニーズが高いです。

診療報酬の計算が高度しており専門化していおり、患者への接遇も向上しないと医業経営は成立しない今では、医療事務の重要性がますます高まっています。

このニーズの高い医療事務の雇用形態は、正社員から派遣社員、パートと多岐に渡るのが特色です。

一番多い種類は、病院の正社員ではなく、事務全般を業務委託請負をする会社で正社員また期間雇用社員として雇用されて、勤務先として委託先の病院で就業するタイプが多いです。

病院の直接の正社員の勤務ではないので、その場合でも労働条件が悪いというわけではなく、数としては少ない病院の正社員の医療事務とは労働条件面であまり変わりないです。

むしろこの業務委託請負の会社が普通で、この会社も大手の介護専門企業であることも多いので待遇がいいのが普通です。

それ以外の雇用形態として、女性の多い職場なので時間の融通が利くように、パートタイムでの雇用も多いです。

週の労働日数として3から4日ということもありフルで週を働くケースは少ないです。子育て世代の女性労働者の積極的な活用がなれている雇用のあり方ともいえます。

それゆえに正社員雇用されて産休を取得して、子供が小さい間にはパートタイマーとして働き、その後ある程度子供の手が離れると正社員に雇用形態を変えて継続的に雇用されることもあります。

長く勤めたいという方に最適な職業ともいえます。

また個人医院の場合には、そのコストを抑えて雇用されるために、パートタイマーであることが普通ですが、こうした場合には医院の近隣に住む主婦が就労するケースが多いです。

雇用形態を大別すると、大きな病院に業務委託請負で、請負会社に正社員また期間雇用社員として雇用されます。個人医院やクリニックでは主にそのコスト面からパートタイマーとして雇用されることが多いです。

おすすめLINK⇒雇用形態別・転職先の選び方