本文へスキップ

医療事務の資格取得、求人募集の探し方について

医療事務、どの資格から取ればいいの?

医療事務で働きたいと考えている場合に、アピール出来る資格としてまず挙げられるのが診療報酬請求事務能力認定試験です。

こちらの試験は医療事務関連の試験の中で唯一の国家試験となっているため人気の高い医療事務に就職をしたいと考えている方にとって、他の人と差をつけることが出来る有利な資格となっています。

医療保険制度や診療報酬、医学知識、介護保険制度など幅広い知識が求められるため合格率は他と比べても低く30%となっています。

しかし診療報酬請求事務能力認定試験に合格することが出来ると、医療機関からとても信頼されている試験であるためアピールポイントとしてとても有利になります。

ただしいきなり診療報酬請求事務能力認定試験から受けるのではなく、簡単な試験から徐々に取得していくことをおすすめします。

続いて医療事務として働く上で有利になる資格として挙げられるのが、メディカルクラーク検定です。

メディカルクラーク認定は日本医療教育財団が主催している検定試験で、1級と2級が認定されています。

この試験の特徴は誰でも受験することが出来るわけではなく、未経験者が受験するためには通信教育などを受験しなければいけないことです。

受験資格が必要な分だけ信頼されており、人気のあるところが特徴となっています。

また医科医療事務管理士技能認定試験などがあり、こちらの試験は技能認定振興協会が実施している技能検定です。

試験内容は医療制度、医療一般、保険請求事務などとても範囲が広く、レセプト作成など実技試験が含まれていることが特徴です。

そのため筆記試験の勉強だけでなく、実技試験に向けて対策をしておくことが求められます。

この資格は在宅でも受験することが出来るので、まずはこちらの試験から受けてみると良いかもしれません。

これらの他には診療情報管理士検定、保険請求事務技能検定、医療秘書技能検定など医療事務関連の試験がいくつかあるので、まずは基礎知識は問われる難易度の低い試験から受けていき徐々に難易度を上げていきましょう。