本文へスキップ

医療事務の資格取得、求人募集の探し方について

医療事務の資格取得は何歳から?年齢制限は?

医療事務に関する資格は、公的なものと民間のものがあります。

いずれも受験基準要件に年齢の制限を設けていないので、その気になれば何歳からでも受験をすることができるといえるでしょう。

但し医療関係に就職希望する人が主に受験するものなので、現実としては、高卒、専門学校卒年齢が、受験者の中での若い年齢層といえるのではないでしょうか。

反対に年齢の上限に関してですが、既に医療関連に勤務している者が、キャリアアップ(技能手当としてベースアップする医療機関もある)を目的として受験することも多いので、試験会場での受験者の年齢層を見ても分かるように、幅広い世代の人が受験しているのが現状です。

資格を取得したから、即就職に有利かというと、やはり医療現場としては即戦力を求められることが多く、有資格者よりも実務経験者を重要視する医療現場が多いことは事実です。

一番求められる人材としては、資格と経験の両方を兼ね備えた者といえるでしょう。

医療は産業分類からみてもサービス業に当たることからもいえるように、医療経営者側としては、健全で良質な運営を行う上で、医療従事者の技術の向上と同時に、医療従事者と患者さんを橋渡しする役目を担う医療事務員に対して、よりよいサービスを提供できるよう、接遇を重んじるケースが多くなっています。

そう考えると経営側からすれば、いい人材を探し育てていくことを考えたとき、未経験であっても、志を持ち、医療事務の資格を持っている者の方が良い印象となることは歴然です。

まったく業界のことを知らない未経験者より、たとえ未経験であったとしても業界のことを少しでも知ろうと自主的に動き、得た知識や技術を基軸にし、これらも学ぼうとする意志があり、さらに人当たりも良ければ、伸びしろがあると判断され、今後大きく成長し、即戦力となる人材に育ってくれるだろうという期待が膨らむといえるでしょう。

医療業界で働くことを志すのであれば、資格取得は、志があることを証明する一つの武器になってくれるといえます。

おすすめLINK⇒教員採用試験に年齢制限はあるの?